インソール製作前にはトリッシャムとフットプリンターを使用して、足型を採りモデルを製作します。

トリッシャムを使用して、足の型取りをしているところです。

 

荷重をかけないで採るために、作業者が押し込んで型を採ります。

 

荷重をかけてしまうとアーチがつぶれてしまうので、座った状態です。

このような感じに足形が取れます、このトリッシャムに石膏を流して、インソール製作のベースとなるモデルを作ります。

フットプリンターを使用して、荷重のかかり方を確認します。

 

トリッシャムと違い、負荷のかかり方を見たいので立ったままでとります。

 

 

採り終わるとこのような感じになります。

 

荷重が強くかかっているところがインクの青色がしっかりと出ます。

 

この結果も考慮して、モデル修正します。

モデルの修正作業風景です。

 

先ほどのフットプリンターでの結果などを考慮して調整したりして修正します。

 

 

修正前のモデルと修正後の物を並べてみました。

 

修正前はトリッシャムが付着していますが、修正できれいにならします。

 

表面をきれいにならさないとインソールの表面がぼこぼこするのでしっかりとならします。

 

当店ではインソール製作時にはモデルを製作します。(オーダーメイドインソール・カスタムインソール)

 

モデルを基準にインソールを製作する為です。

そのため、お渡しできるまでにお時間がかかりますが同じものを製作することが可能です。